あご削りを行うなら実績豊富な医師や美容外科を受診しよう

サイトマップ

あご削りを行うなら実績豊富な医師や美容外科を受診しよう

あご削りの施術で実績を持つ医師を選んで理想の輪郭を手にする

顔を隠す

美容外科の施術にあご削りというメニューがあります。この施術は言葉が示すようにあごの形に悩みを持っている場合に、あごの骨を削ったり、場合によっては切除したりして改善するものです。今流行りの手軽なプチ整形よりは大変な施術になりますので、施術を受けるときには美容外科の選択はもっとも重要になります。

こうした美容整形に関して特別に興味を持っていて詳しい人であれば、どこの美容外科は評判で、どの医師が実績を持っているかという情報も持ち合わせていることでしょう。しかし、そうではなく美容整形自体がまったくの初めてだという人もいるでしょう。そういうときには自分で、そういった有効な情報を集めなくてはなりません。

美容整形を受ける前に必要な情報をいったいどうやって集めればいいか、またどういう医師を選択すればいいのか、この問題はかなり重要です。美容外科の選択はネットをフル活用して、口コミ情報などを参考にするといいでしょう。そして、もっとも重要な医師の選択は、やはり実績や症例数を見ることが必要です。特にあご削りの場合ですと、あご削りの実績を調べることが重要となります。名医選びでは、技術の高い学会研究などを積極に行っている医師を選ぶことが肝心です。

あご削りをした後はどんなことに注意すれば良い?

顔が大きくて悩んでいる人は多くいますが、そういう人に人気になっているのがあご削りです。あご削りをすることで、あごが小さくなり小顔効果が期待できます。骨を削るという手術になるため、術後にはしっかりとしたケアをしてあげることが大切です。美容外科でしっかりケアしてくれますが、術後しばらくは自分でも注意しながら生活しましょう。まず注意したいのが食事に関してです。術後はあごが弱った状態になるので、しばらくは柔らかいものを食べるようにしましょう。無理に食事をしてしまうと痛みが出ることもあるので注意してください。

また、食事をした後に口内を清潔に保っておくことも重要です。傷から細菌が入るとトラブルが起こってしまうこともあるので、うがいなどをして口内を綺麗な状態にしておきましょう。術後数日は包帯を巻いておく必要があります。その時に、包帯が濡れてしまわないように気をつける必要があります。お風呂に入るのは問題ないですが、傷口に水が当たらないように注意してください。個人差はありますが、術後は数ヶ月程度様子を見る必要があります。あご削りをした後は、自分でもしっかりアフターケアをして、トラブルが起こらないように気を配ることが大切です。小顔を手に入れたい方は、信頼できる美容外科に相談しましょう。

あご削りという施術で理想のフェイスラインを手にするために

自分のあごに関して大きな悩みを抱えている人は、そのあご自体をなんとかしたいと考えていることでしょう。ボトックス注入などによる小顔形成も今はかなり流行っています。しかし、こうしたいわゆるプチ整形は数ヶ月でまた元に戻ってしまうことから、小顔を維持させるために再び注射をする必要があり、費用もかさんでしまうのです。

やはり半永久的に理想のあごを形成するためには、骨を改善させなければなりません。骨から改善することができれば、その望みを叶えることができるでしょう。美容外科の施術にあご削りというメニューがあり、今は結構この施術を受けている人が多いです。あご削りはあごの骨を可能な限り削ったり、切除したりして理想の形にするもので、施術自体は最新の技術で行われます。

あご削りのメリットはいったい何かと言えば、あごの形を根本的な原因から改善させることができますので、その効果は半永久的に維持することができるという点です。プチ整形はそれなりにメリットの多い整形ですが、数ヶ月で再び施術を受けなければなりませんので、費用面も大きな負担だと言えるでしょう。また、あご削りは口内から切開することで施術の傷跡も目立ちません。

施術を受ける前には、カウンセリングで詳しい説明を行ってくれる医師を選ぶことが大切です。

CHOICES POST

CONTENTS LIST