あご削りを行うなら実績豊富な医師や美容外科を受診しよう

サイトマップ

あご削りを行うなら実績豊富な医師や美容外科を受診しよう

あご削りの治療は入院が必要ない場合もある

手袋をする

あご削りの手術は、あごの骨を削ります。マッサージでは筋肉をほぐすことで小顔効果を狙いますが、それには限界があります。そこで、あごの形や大きさなどで悩んでいる方は、美容外科のあご削りを受けてみてはどうでしょうか。最近はシミュレーション画像を使って、事前に詳細な検討ができるところが多いので、理想のあごの形を目指すことができます。
あご削りの手術後は入院をするのがかつては一般的でした。それは、全身麻酔を行って手術をするからです。しかし、現在では覚醒が早く、人体にも負担が少ない麻酔方法や麻酔薬を活用する方法が登場しているため、手術方法や病院によっては入院不要というケースもあります。入院が必要な場合でも、数日程度となっているところが多いです。
あご削りの治療を受けるのであれば、この治療を行ってきた経験が十分にある医師が在籍するところを選ぶのがおすすめです。経験に裏付けされた治療が受けられるからです。保険適用外の治療になるので、料金も異なれば手術方法も病院によって異なることが多いので、慎重に判断したい方は複数の美容外科のカウンセリングを受けて比較するのも良いでしょう。最終的に治療を決定するのは自分になるので、自分で得られる情報は積極的に獲得した方が良いです。

CHOICES POST

CONTENTS LIST